トップ

制作料金

制作の流れ

制作実績

Q & A

会社概要

お申込み

お役立ち情報

ホームページを制作するにあたって、様々なお役立ち情報を掲載しております。

是非ご一読頂ければ、今後のビジネスで 大きく影響致します。

ホームページ制作のポイントや注意点を まとめております。

7:ホームページ更新にお金がかかる業者のデメリット

ホームページは、作ったらそのままでいいかというと、そうではありません。

実際には、最初に作った例えば何年もホームページを何年もまったく更新していないというケースもあります。

しかし、そうしたホームページは、古い雑誌のようにだんだんと魅力がなくなっていきます。

週刊誌を思い浮かべてもらうとイメージしていただけると思うのですが、1ヶ月前の週刊誌と、今週の週刊誌、どちらを読みたいでしょうか?

 

やはり、最新情報が新鮮に掲載されている今週号の週刊誌を読みたいですよね。

ホームページもそれとおなじです。

ただし、そこに落とし穴があります。

更新に費用がけっこう発生します。

新鮮な記事を載せたホームページは必要、でも費用の確認はもっと重要

ホームページを作ったときには、見積もりをもらって、完成形をイメージして、「よし!これでいこう!」という感じで商談が決まっていきます。良い制作会社を見つけて、その会社から自社のホームページが納品されたときには、「これで完璧だ!」という満足感があると思います。

 

ただ、先程の通りホームページには新しいコンテンツを書いていかないと、「古い雑誌」のようになってしまいます。

ですので、自社ですべてやるのでなければ、ホームページコンテンツの「更新」にある程度の費用は必要です。

ただし、この更新費用がかなり高い業者もあるのです。

最初は「え?こんな金額でホームページって作れるの?」

そんな風に、最初に信用して格安で頼んだホームページ制作会社でも、「このロゴを変えて欲しい」とか「こういう記事の内容でコンテンツを作って欲しい」などの依頼をした場合に、けっこうな費用がかかる場合があります。

 

古い雑誌記事にならないように、きちんとしたホームページを維持しようとしてこうした依頼を繰り返すと、年間ベースでは簡単に「意外と安かったな」と思った初期のホームページ支払い費用を超えてしまいます。

良心的なホームページ制作会社では、最初にきちんとしたヒアリングをして、更新費用を最小限に抑える形でホームページを作成します。

 

【まとめ】

ホームページでは更新は必要です。

古い週刊誌はだれも読みません。

ただ、最初にホームページを作る時に「どんな更新をしていくか」「費用はいくらかかるのか」をきちんと納得行く形で説明してくれる会社にホームページは発注することをお勧めします。

初期費用より、結局更新費用が膨らんでいく・・・

納得できませんよね。

最初にそのあたりを、オープンに相談できる制作会社をぜひ選択してください。

 

メールフォームからのご連絡はこちらへどうぞ。 24時間受付しております。(返信は1営業日以内に行います)
お申込みはコチラ! ※クレジットカード決済となります。

※銀行振込でのお支払いをご希望の場合は、その旨をお申しつけ下さい。

 

◀︎ Previous Next ▶︎

フォームなら24時間対応(年中無休)

お問い合わせ・ご相談

ホームページ制作・WEBサイト制作・モバイル/スマートフォンサイト制作なら「ホームページ格安制作.biz」

Copyright 2018 CASK. All Rights Reserved.