トップ

制作料金

制作の流れ

制作実績

Q & A

会社概要

お申込み

お役立ち情報

ホームページを制作するにあたって、様々なお役立ち情報を掲載しております。

是非ご一読頂ければ、今後のビジネスで 大きく影響致します。

ホームページ制作のポイントや注意点を まとめております。

3:ホームページが無い会社のリスクとは?

お客様はホームページで事前チェックするのが普通の時代

これだけインターネットの普及した現在では、何をするにもまず「ネットで調べる」というのが常識化しています。製品の性能やサービスの質はもちろんのこと、価格についても簡単に比較できるサイトがたくさん存在しています。

その中で、まったく情報を発信していなかったらどういうことになるでしょうか。

最初から、他社との比較対象にすらならない、ということになってしまうのです。

この損失は計り知れないでしょう。

どんな商談でも、他社と比較しながら最終的に「御社にお願いします」という流れになっています。ホームページが存在しないということは、この事前比較ができないので、そもそも発注先の対象リストに上げてもらえないという状態です。

直接名刺交換をして、相手先企業様の担当者を知っている場合も同様です。

結局は担当者の方が上司に稟議書をあげたり、会議で「この会社がいいと思います」というプレゼンをしたり時に、ホームページによる資料が全くない、という会社を推薦できるでしょうか?

就活生でも、事前に就職したい会社のホームページを参照し、かなり時間をかけてじっくり読み込んでから面接に望みます。ま

してや、何十万円、何百万円、時には数千万の商談を考える時に、事前に情報を検索して、きっちり検討するのは当たり前です。

そんな時、その基礎的な資料がなかったら、どうでしょうか。

その時点で、きちんと自社製品やサービスについて紹介しているライバル他社に負けてしまいます。

確かに自社商品やサービスを認知してもらう方法は、はホームページだけではないでしょう。展示会や、ダイレクトメール、各種媒体の広告などもあります。

それでも、展示会が終わって会社に帰った時に、そういう広告を見た後に、担当者の方がまずやるのは「ホームページでもうちょっと情報を確かめてみよう」です。

その時に、ホームページすらないという場合には、検討対象から外れてしまうのはもう、しょうがないですよね。

ホームページがない、というのはこうしたせっかくの商談機会を逃してしまう大きなリスクを持っているのです。

 

人材確保ができない

先程も指摘しましたが、現在就活生は企業のホームページをじっくり見てから「面接の時にどんな話をしよう・・・」と真剣に準備します。

でもその時のホームページすらなかったらどうでしょうか。

どんな話をしていいのかもまったく分かりません。また、その会社が何を考えているのかもわからないので、どんな風に自分のキャリアが積み重ねられていくのか、そんな将来的なイメージもまったく想像できません。

そういう会社にいい人材が果たして応募してくれるでしょうか。

はっきりいうと、いくらパンフレットや人材募集会社の中にきれいな記事が載っていたとしても、ホームページが無い会社は就職志望者に不安感を与えてしまいます。

これは、新卒に限りません。

「即戦力となる営業マンがほしい」という場合であっても、その方ができる営業マンであればあるほど、事前にいろんな会社の

情報をチェックするのは当たり前です。

そんな中で、「どんな会社なのか調べてみよう・・・」という時にホームページすらなかったらどうでしょうか。

まず100%検討対象からは外されてしまうでしょう。

今時、自社の情報をきちんとネットで公開していない会社のほうが少ないです。

ハローワークで募集したり、雑誌などで募集したりするという方法もありますが、やはり、応募者の方はネットで事前にいろんな会社を比較してから自分に一番あった会社に履歴書を送ります。

ホームページすらない、ということは優秀な人材を獲得しようとしても、最初から候補にも上げてもらえないという状態になります。

【まとめ】

以上、ホームページが内会社のリスクを2点に絞ってお伝えしました。他にもまだ大きなデメリットとして、下記のようなことが考えられます。

■既存顧客のサポート窓口や、製品を使いこなす時に参考にしたいなどの、困った時の情報が提供されていないので、徐々に既存顧客が離れていってしまう

■「結局売りっぱなしなんだな」という印象を持たれてしまって、リピートして買ってくれるお客が育たない

■「他社に比べてここが優れています」という自社製品やサービスの積極的なアピールができないので、製品やサービスがいくら優れていてもそれがお客様に伝わらない

■ホームページがあれば、対応窓口はコストがかからない電子メールになるのに、ホームページを開設せずにコールセンターなどを使うと、無駄にお金がかかってしまう

■営業時間しか対応できなくて24時間の受付ができない。今は、会社から帰ってきてから深夜にビールを飲みながらネットで何かを注文する、という生活パターンの方も圧倒的に増えています。特に小売店ですと、ホームページがないなら、こうした顧客を捕まえることが不可能でしょう。

 

以上、ご参考いただければと思います。

ホームページがない会社のデメリットは、かなり大きいと言えるでしょう。

 

メールフォームからのご連絡はこちらへどうぞ。 24時間受付しております。(返信は1営業日以内に行います)
お申込みはコチラ! ※クレジットカード決済となります。

※銀行振込でのお支払いをご希望の場合は、その旨をお申しつけ下さい。

 

◀︎ Previous Next ▶︎

フォームなら24時間対応(年中無休)

お問い合わせ・ご相談

ホームページ制作・WEBサイト制作・モバイル/スマートフォンサイト制作なら「ホームページ格安制作.biz」

Copyright 2018 CASK. All Rights Reserved.