トップ

制作料金

制作の流れ

制作実績

Q & A

会社概要

お申込み

Useful Infomation

お役立ち情報

ホームページを制作するにあたって、様々なお役立ち情報を掲載しております。

是非ご一読頂ければ、今後のビジネスで 大きく影響致します。

ホームページ制作のポイントや注意点を まとめております。

20:サイト内の見出しの重要性

インターネット上の記事における見出しとは、じつはよく計算されて作られています。

見出しの大きさは文字を大きく見せる、というだけでなく<h>タグというHTMKの見出しタグに囲まれた文言を指します。

見出しタグは<h1>から<h6>までありますが、<h1>が一番大きくて<h6>が一番小さくなります。

「文字の大きさなら、Wordで作るように、文字の大きさ部分で調整すればいいんじゃないの?」

こう考える方もいらっしゃると思いますが、実際には大きな違いがあります。

 

確かに、キチンと段落を分けて読者に読んでもらうという目的も重要です。

その場合にはWordで文書を作るときのように、自分で文字の大きさを変えればいいだけなのですが、<hタグ>を効果的に使った記事はGoogleが検索結果の上位に表示してくれるというSEO的な効果もあるのです。

当然のことながら、Googleは検索ロボット=クローラーが自動的にホームページを巡回して、そのホームページが優れたホームページかどうかを判断します。世界中の何億というホームページをグーグルの社員が眼で確認して「これはいいホームページだ」「これは良くないホームページだ」と判断しているわけではありません。

 

その検索ロボットがホームページを判断する時の基準が、手がかりが<h>タグなのです。<h>タグがきちんと使われていて、階層的に段落ワケをされているホームページは、検索ロボットがクローリングする時に高評価されます。文字の大きさで見やすいとか見にくいという視認性みたいなものはさすがに、クローラーでは認識できません。

そうした理由で見出しに注意を払うというのは、検索エンジンの上位表示のために必須になってきます。

また、もちろん階層性が整理された読みやすい構造だけでなく、見出しの中に効果的に読んで欲しいキーワードを入れることも重要になってきます。

タイトルや見出しの中にキーワードを効果的に入れることによって、読み手に、記事を最後まで読んでもらえるきっかけを与えることができます。

 

また、Googleのクローラーが重視するのも、タイトルや見出しのキーワードです。例えば「歯科医」のホームページでタイトルにまったく関係のない食品関係の言葉が入っていたりすると、書いている本人は気が付かないかもしれませんが、確実に検索順位が落ちます。

タイトルの中には、そして階層構造を意識した見出しの中には効果的に、検索数の多いキーワード入れ込むことが大切で、これには経験と技術が必要になってきます。

読者にとって読みやすく、Googleのクローラーが見つけやすい(上位表示してくれやすい)記事をお求めなら、ぜひホームページ格安制作.bizにご用命ください。

 

メールフォームからのご連絡はこちらへどうぞ。 24時間受付しております。(返信は1営業日以内に行います)
お申込みはコチラ! ※クレジットカード決済となります。

※銀行振込でのお支払いをご希望の場合は、その旨をお申しつけ下さい。

 

◀︎ Previous Next ▶︎

フォームなら24時間対応(年中無休)

お問い合わせ・ご相談

ホームページ制作・WEBサイト制作・モバイル/スマートフォンサイト制作なら「ホームページ格安制作.biz」

Copyright 2018 CASK. All Rights Reserved.