トップ

制作料金

制作の流れ

制作実績

Q & A

会社概要

お申込み

Useful Infomation

お役立ち情報

ホームページを制作するにあたって、様々なお役立ち情報を掲載しております。

是非ご一読頂ければ、今後のビジネスで 大きく影響致します。

ホームページ制作のポイントや注意点を まとめております。

12:ホームページを作る前に具体的な完成図を決めておこう!

ホームページは情報提供だけではいけない

 

ホームページ作成では、必要な情報を提供することがもちろん大切です。でもそれだけでは効果的なホームページとはいえません。

例えば実際の店舗を考えてみましょう。必要な商品、野菜や果物や歯ブラシ、家電製品などがすべてそろっていたとしても、それがごちゃごちゃな形で並んでいたら、その店で買い物をしたいという気にはならないでしょう。

よくできたホームページというのは、そうした点にきちんと気を配って作成しています。

1階には食料品、2階には生活雑貨、3階には家電製品、きちんと各コンテンツが分類されています。あれもこれもと情報を詰め込んでしまうと、ユーザーは混乱してしまいます。残念ながらこうしたホームページはけっこうあります。

これではアクセスしてきたユーザーは、混乱するだけです。

全体像をまず作り、完成図を設計してからホームページを作らないと、情報の量だけ増えて、結局ユーザーから見ると見にくい、使いにくいホームページになってしまいます。

 

ホームページには「導線」が必要

 

買い物の経路というものがあります。

これも、スーパーやコンビニを考えると理解できます。スーパーで並んでいる商材には、来店したときからレジに行くまでに工夫をして商品を配置しています。

たいていのスーパーでは店に入った時に「青果」を並べています。「あ、こんな旬な果物あったんだな」「あ、そういえばこの野菜がおいしい季節だな」「特売の野菜か、買ってみようかな」まずそんなところからお客様の購買心をかきたてます。

その次に「精肉、鮮魚、惣菜」といったメインになる、少し値段の高いものを配置することで、スムーズにお客様が買い物を続けられる工夫をしています。

 

コンビニでも同じです。入ってすぐ窓際に雑誌があり、何となくそれを観ながら、必要なものを買っていく、そんな流れ、「導線」を意識しています。

ホームページもそれと同じで、全体の完成図を決めるためには、お客様がどのような流れで最終的に商品を買ってくれたり、資料請求をしてくれたりするか、その流れを考えておく必要があります。

これがないと、最終的なコンバージョン(購買や資料請求などの成果)に結びつくホームページにはなりません。

 

ホームページを作る前に完成図を決めておく必要性はここにあります。運営側が意図したシナリオでユーザーが動いてくれる、情報がきちんと整理されたサイト作りでないと、せっかくのホームページを作っても、効果がまったく出ないということになりかねませんので、注意しましょう。

 

メールフォームからのご連絡はこちらへどうぞ。 24時間受付しております。(返信は1営業日以内に行います)
お申込みはコチラ! ※クレジットカード決済となります。

※銀行振込でのお支払いをご希望の場合は、その旨をお申しつけ下さい。

 

◀︎ Previous Next ▶︎

フォームなら24時間対応(年中無休)

お問い合わせ・ご相談

ホームページ制作・WEBサイト制作・モバイル/スマートフォンサイト制作なら「ホームページ格安制作.biz」

Copyright 2018 CASK. All Rights Reserved.